いま注目されるハイブリッドワークとは?メリット・注意点について解説

カテゴリ
働き方
タグ
働き方改革テレワーク
公開日
July 4, 2022
image

働き方改革や新型コロナウィルスの流行をきっかけにテレワークを導入する企業が増え、働く場所に囚われない多様な働き方が浸透しつつあります。 そんな中、いま注目されているのが「ハイブリッドワーク」という働き方ですが、導入を検討しているという企業の方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、ハイブリッドワークとは何かや企業がハイブリッドワークを取り入れるメリット、導入時の注意点についてお伝えします。

✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

💡 この記事でわかること

ハイブリッドワークとは

ハイブリッドワークとは、オフィスワークとテレワークを組み合わせた働き方のことを指します。 例えば、週2日はオフィスワーク、週3日はテレワークといった働き方のスタイルです。 これまでのように働く場所をオフィスと限定せず、自宅やコワーキングスペースなど、働く場所を柔軟に選択することができる働き方です。

✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

ハイブリッドワークが注目される背景

働き方改革や新型コロナウィルスの流行により、テレワークを導入する企業が増加しています。 東京都が2021年9月に発表した報道発表資料を見ると、2021年8月の都内企業のテレワーク実施率は過去最高となる全体の65.0%でした。

テレワークには多くのメリットがありますが、実際にテレワークを導入した企業からは「社内コミニュケーションが減った」「仕事のオンオフがしにくい」などの課題も浮き上がってきました。

結果として、テレワークの便利さが広まると共に、オフィスワークの重要性も見直される形となり、「テレワークは便利だがオフィスワークも必要だ」という意見が強くなりました。 そこで、テレワークとオフィスワークを組み合わせ、双方の課題解決ができる働き方としてハイブリッドワークが注目されています。

✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

ハイブリッドワークを導入するメリット

ハイブリッドワークを導入することで、一体どんなメリットが生まれるのでしょうか。ここではハイブリッドワークのメリットを3つに分けて見ていきます。

生産性が向上する

業務によって、テレワークとオフィスワークのどちらが適しているかは異なります。業務毎に最適な働き方を選択することで生産性が向上します。例えば、アイディアを出し合う会議ならオフィスワーク、資料やデータの作成ならテレワークといった感じで、業務に合わせて働く場所を選ぶことで作業効率UPが期待できます。

また、集中できる環境は人によっても異なるので、「1人で黙々と取り組みたい人」「仲間がいる環境で取り組みたい人」それぞれ自分が一番集中できる環境を選択することで、業務がはかどり生産性の向上に繋がります。

従業員満足度につながる

オフィスへの通勤時間を節約でき、プライベートの時間が増えることで従業員の満足度につがります。毎日1時間かけて通勤している方なら、1日2時間の余裕が生まれます。 時間の余裕を生み出すだけではなく、混雑時の通勤を避けられることで、体力の消耗や満員電車のストレスから解放され心身の余裕にもつながります。

多様な働き方が実現できる

ハイブリッドワークは働く場所を柔軟に対応できるため、多様な働き方を実現することができます。例えば、子供が急な体調不良で出社ができない場合でも、テレワークにすることで会社を休まずに対応することが可能です。

ハイブリッドワークを導入することで、個人や家族の事情に応じて多様で柔軟な働き方ができるため、働き方改革の推進にもつながります。

✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

ハイブリッドワークを導入する注意点

ハイブリッドワークは魅力的な働き方ですが、導入するにあたって注意すべき点があります。 ここでは注意すべき点を3つに絞りご紹介していきます。

コミュニケーション方法の見直し

テレワークをする社員とオフィスワークをする社員で分かれているため、社員同士のコミュニケーション量が少なくなります。コミュニケーショ量が少なくなることで、孤独を感じてモチベーションが下がり、結果として帰属意識が低下してしまう懸念もあります。 また、連絡事項を共有する際、伝わりにくいといったデメリットもあります。

デメリットを解消しハイブリッドワークを成功させるためには、円滑なコミュニケーションが必須です。ウェブ会議ツールやビジネスチャット、グループウェアなどのコミュニケーションツールを導入、活用しながら積極的に交流の場を設けましょう。

勤怠管理がしにくい

ハイブリッドワークを導入すると、勤怠管理が難しくなります。オフィスワークではタイムカードや社員の目で管理できますが、テレワークは直接目で管理することができません。 上手く管理できていないと、実際の勤怠時間とズレが生じてしまい、トラブルにもつながってしまいます。

トラブルを防ぐためには、ビジネスチャットで出勤・退勤の報告や、勤怠管理ツールを導入するなど、勤怠状況をわかりやすくする工夫が必要です。

人事評価が難しくなる

ハイブリッドワークでは、オフィスワークをする社員とテレワークをする社員で分かれているため、評価が難しくなります。公正な評価ができず、働き方により評価に差が出てしまうと、従業員の不満にもつながりかねません。 また、評価は給与に直接関わってくるため、評価されやすい働き方を選ぶ社員が増え、ハイブリッドワーク本来の目的が崩れてしまう可能性もあるので注意が必要です。

公正な評価をするためには、ハイブリッドワークに合わせて、評価基準・管理体制を見直す必要があります。その際、不公平感を持たない評価基準にすることがポイントです。また、その内容を丁寧に説明し、社員からの理解を得ることが大切です。

参考|無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」

image

パルケミートはログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです。 ぜひ一度体験してみてください。

  • 無料で時間制限がないウェブ会議
  • アカウントもアプリダウンロードも不要
  • 会話の「文字起こし」を会議後に振り返り

参考|とにかく簡単につながる無料ビジネスチャット「パルケトーク」

image

シンプルで誰にでも使いこなせるビジネスチャットです。

  • 完全無料のビジネスチャット
  • グループトークも無制限&履歴の閲覧期限なし
  • 招待リンクやQRコードで簡単につながる

まとめ

今回は、ハイブリッドワークの導入を検討している企業のご担当者向けに、ハイブリッドワークのメリットや注意点について解説しました。多様な働き方が浸透しているいま、ハイブリッドワークは今後も広がりを見せていくものと考えられます。今回の記事が、実際にハイブリッドワークを導入する際の参考になれば嬉しく思います。

🏠  楽しく働くを語るラボ ➡  働き方 ➡  いま注目されるハイブリッドワークとは?メリット・注意点について解説

カテゴリ:働き方

icon
Parque(パルケ)

株式会社パルケ公式、「楽しく働くを語るラボ」編集部です。働くすべての方に向けて情報を発信しています。 Twitter,Facebook,noteで記事の更新情報やセミナーの最新情報などを都度発信しています。ぜひフォローしてみてださい。

note

おすすめ記事

記事一覧

©️  Parque.Inc