健康経営とは?企業が取り組む意味と有効な3つの対策を解説

カテゴリ
マネジメント
タグ
働き方改革ワークライフバランス健康経営
公開日
March 14, 2022
更新日
June 8, 2022
image

年齢の区切りなく働ける「エイジレス社会」実現に向けた動きが活発化している今日、社員の「健康」を守る企業の取り組みが高く評価されるようになってきました。

多くの企業が、この流れに乗って「健康経営」を推し進めようとしていますが、「なぜ健康経営が重要視されているのか分からない」「どんなことに取り組めばいいのだろう」など、戸惑いの声があるのも事実です。

そこでこの記事では、健康経営とは何か、企業が取り組む意味や健康経営に有効な対策の立て方についてお伝えします

💡 この記事でわかること

健康経営って何?

image

健康経営とは、企業が社員の健康増進を経営的な視点から考え、戦略的に実践する経営手法のことです。企業が社員の健康のために投資することは、結果として生産性や業績向上につながるとされています。

国も健康経営を推奨しており、積極的に健康経営に取り組んでいる企業を「健康経営優良法人」として認定する制度を設けています。

健康経営はなぜ必要?取り組む意味とは

image

なぜ今、企業に「健康経営」の取り組みが求められているのでしょうか?その答えは、今の日本社会の構造や企業を取り巻く状況の変化にあります。

日本では少子高齢化が進み、現役世代はこれから年々減少していくと予想されています。労働力の確保が、企業にとっての大きな課題になることは明らかです。また、リモートワークが広がり、大手企業でも副業や兼業を認める動きが出てくるなど、働き方の多様化が急速に進んでいます。

このような社会状況の中で、会社を支える人材を確保し、今いる社員にも長く働いてもらうためには、自社で働くことにいかに魅力を感じてもらうかが大切です。性別や年齢関係なく、あらゆる人たちが健康で元気に働ける職場環境の実現こそ、「健康経営」の狙いであり、企業が取り組む意味と言えます。

また、最近では、仕事や会社での人間関係に強いストレスを抱えている人が増加傾向にあることも、社会問題になっています。ストレスを抱えた人を早期に発見して適切な対応をとったり、社員のストレスを予防したりする役割も、健康経営が担っていると言えるでしょう。

健康経営のために有効な対策の立て方とは

image

健康経営とは何かや取り組む意味を理解していただいたところで、次に、健康経営に有効な対策の考え方や進め方についてご紹介します。

健康経営の具体的な対策を検討する際は、以下の4つのステージのどれにあたるのかを意識するといいでしょう。

💡
  1. 社員の健康課題を把握するステージ
  2. 健康経営の実践に向けた基礎的な土台づくりのステージ
  3. 社員の心と身体の健康づくりに向けた具体的取り組みのステージ
  4. 取り組みの質を確保するステージ

どの段階に有効な対策なのかを意識することで目的がはっきりし、抜け漏れのないバランスの取れた対策を実施できます。それでは、それぞれのステージで、具体的にどんな対策案があるのか見ていきましょう。

その①社員の健康課題を把握するステージ

1つ目は、社員の健康課題を把握するステージです。働く人がメンタルや身体の不調を抱えてしまうと、休職や離職につながる可能性があります。結果として、会社全体の生産性や業績にも影響を与えかねません。

社員の健康課題を把握するための具体的な対策として挙げられるのは、以下の3つです。

💡
  • 定期検診の受診の徹底
  • 定期検診時に乳がん・子宮がん検診を受診できる環境整備
  • ストレスチェック制度を設ける

身体の不調に関しては、定期健診の受診率100%を目指すことで、早期発見が期待できます。メンタルヘルスケアについても、定期的なストレスチェックや社員間の声掛けで、メンタルに不調が見られる人を早期に発見するよう心がけましょう。

その②健康経営の実践に向けた基礎的な土台づくりのステージ

image

2つ目は、健康経営の実践に向けた基礎的な土台づくりのステージです。この中には、仕事に対する充実感や意欲を向上させるワークバランス改善のための施策も含まれています。有効な対策例として挙げられるのは、以下の3つです。

💡
  • 管理職や社員に対して、健康についての研修を受ける機会を提供
  • 「ノー残業デー」の実施
  • 有休を取得しやすい環境整備

このステージでは、会社の制度を整えたり、仕組みづくりを行ったりすることで、健康経営に結びつく具体的な対策を実施しやすくするための土台作りを行います。

その③社員の心と身体の健康づくりに向けた具体的取り組みのステージ

3つ目は、社員の心と身体の健康づくりに向けた具体的な取り組みを行うステージです。対策例として挙げられるのは、以下の4つです。

💡
  • スポーツジムと法人契約を結び、社員が運動習慣を身につけやすくする
  • ウォーキングイベントを開催
  • 「スタンディングスポット」を作り、立って仕事ができる環境を整備
  • 社員に万歩計を配布し、毎月個人別、部署別ランキングを発表

このように、会社の規模や立地などの特徴を活かした、オリジナリティ溢れる取り組みを実施している会社が多く存在しています。

その④取り組みの質を確保するステージ

4つ目は、健康経営に関する取り組みの質を確保するステージです。相談窓口を設置し、いつでも社員が身体やメンタルの悩みを専門家に相談できるようなルートを作っておきましょう。

また、健康経営に関するセミナーに社員が参加した後は、得た知識を社内に共有し、取り組みについての情報のアップデートを心がけることも大切です。

参考|無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」

image

パルケミートはログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです。 ぜひ一度体験してみてください。

  • 無料で時間制限がないウェブ会議
  • アカウントもアプリダウンロードも不要
  • 会話の「文字起こし」を会議後に振り返り

参考|とにかく簡単につながる無料ビジネスチャット「パルケトーク」(2022年秋開始予定)

サービス開始の準備ができましたら、ご案内しますので、お気軽にご登録ください。

  • 1タップでチャット招待
  • グループトークもカンタン設定
  • タスク管理もアンケートも

まとめ

今回は、最近注目を集めている「健康経営」について、その概要や企業が取り組む意味、有効な対策の立て方をご紹介しました。健康経営に取り組むことは、企業にとって、生産性や業績の向上が見込めるだけでなく、求人においてのアピールポイントにもなります

テレワークが浸透し、社員同士のコミュニケーションが希薄化してしまうと、職場での人間関係が上手く作れず、ストレスを抱えてしまうことも考えられるでしょう。そこで活躍するのが、ミーティングアプリ「パルケミート」やビジネスチャット「パルケトーク」です。完全無料のツールですので、ぜひ一度お試しください。

🏠  楽しく働くを語るラボ ➡  マネジメント ➡  健康経営とは?企業が取り組む意味と有効な3つの対策を解説

icon
Parque(パルケ)

株式会社パルケ公式、「楽しく働くを語るラボ」編集部です。働くすべての方に向けて情報を発信しています。 Twitter,Facebook,noteで記事の更新情報やセミナーの最新情報などを都度発信しています。ぜひフォローしてみてださい。

note

おすすめ記事

記事一覧

©️  Parque.Inc