未経験でもフリーランスを目指したいあなたへ!求められるスキルと成功へのステップを解説

カテゴリ
働き方
タグ
働き方改革フリーランス副業
公開日
September 2, 2022
image

時間や場所にとらわれず、自由な働き方ができるフリーランス。 組織に縛られず、自宅やカフェなど好きな場所・好きな時間に活動できる働き方に憧れている方も多い一方で、「特別なスキルがある人しかフリーランスにはなれないんじゃないか」、「未経験だと厳しいのかな」と不安になり、なかなか一歩が踏み出せないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこでこの記事では、フリーランスに必要なスキル、フリーランスを目指すまでの3ステップと、未経験でもフリーランスを目指せる仕事6選をご紹介します。

💡 この記事でわかること

フリーランスに必要なスキルや求められることは

フリーランスに必要なスキルや、クライアントから求められることについて紹介します。

💡
フリーランスに必要なスキル
  • 専門スキル
  • 即戦力
  • 営業力やコミュニケーションスキル

専門スキル

フリーランスには専門スキルが必要です。Webライターであれば文章力、プログラマーであればプログラミング言語の知識、Webデザイナーであればデザインセンスやデザインソフトの操作スキルなど、それぞれの職種に必要なスキルが求められます。 スキルもないまま仕事を獲得することは容易なことではありませんので、まずは仕事に必要なスキルを身に付けましょう。

即戦力

フリーランスとして働くには、クライアントにとって即戦力になることも重要です。フリーランスは個人で仕事を受注するため、クライアントが満足できる働きができないと、その場で契約を打ち切られてしまいます。 そのため、相手から求められたことにきちんと対応し、質の高い仕事をこなす必要があります。

営業力やコミュニケーションスキル

フリーランスとして仕事を獲得するには、自分から提案する営業力や、仕事をスムーズに進めるためのコミュニケーションスキルも欠かせません。 会社員とは違い、フリーランスは自分で売り込みをしないと仕事をもらえないので、積極的に営業をしていく必要があります。また、仕事の進め方を確認したり、クライアントのニーズに合うよう意見の擦り合わせをしたりするため、会話のキャッチボールがきちんとできるかどうかも重視されます。

✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 フリーランスの方にもおすすめのシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

フリーランスを目指すまでの3ステップ

未経験のところからフリーランスを目指すまでの3ステップについて紹介します。

💡
フリーランスを目指すまでの3ステップ
  1. 確定申告や開業届などフリーランスに必要な知識を得る
  2. フリーランスとして活躍している人から話を聞く
  3. 副業から始めてみる

STEP1|確定申告や開業届などフリーランスに必要な知識を得る

フリーランスになるときに必要な手続きや書類について紹介します。

■国民保険と国民年金の加入 会社員の場合は会社の健康保険と厚生年金に加入していますが、フリーランスになる際に国民保険と国民年金に切り替える必要があります。期限が切れてから原則14日以内に手続きをしなければいけないので、早めにお住まいの市町村にある役所で手続きを済ませておきましょう。

■開業届の提出 フリーランスになる際は、開業届を提出しておきましょう。開業届を提出しておくと、確定申告のときに青色申告ができ、法人用の銀行口座も開設できます。 確定申告のときに青色申告でおこなうと、最大65万円の特別控除を受けられ、大きな節税対策となります。青色申告をするには開業から2ヶ月以内に青色申告承認申請書を提出する必要があるので、忘れずに税務署に提出しておきましょう。 また、法人用の銀行口座を用意しておくと、プライベートと仕事用の口座を分けられるので、収支の管理をしやすくなります。

■請求書や見積書などのひな形 フリーランスになるとクライアントへ提出する請求書や見積書、納品書などが必要になるので、あらかじめひな形を作成しておき、内容を入力するだけの状態にしておくのがおすすめです。

STEP2|フリーランスとして活躍している人から話を聞く

知り合いにフリーランスとして活動している方がいる場合は、フリーランスの働き方について直接話しを聞いておくのもおすすめです。 案件を獲得するときの営業方法や、仕事をする上で注意するべきことなど、実際にフリーランスとして働き、得た経験を知っておくととても役に立ちます。 会社員として働いた経験しかないとわからないことばかりだと思うので、不安を解消するためにもフリーランスとして働くためのノウハウを学んでおきましょう。

STEP3|副業から始めてみる

フリーランスを目指すには、まず副業から始めましょう。 未経験の状態で仕事を獲得するのは簡単ではないため、いきなり会社を辞めてしまうのではなく、本業の収入を得ながら副業として始めてみるのがおすすめです。 副業として始めれば、万が一、自分には無理そうだと思ったときには辞めることもできますし、仕事が安定してから独立することもできるので、あまりお金の心配をせずに始められます。 もし勤め先の規則で副業が禁止されている場合は、スクールに通って勉強をしておくのも手です。

✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 フリーランスの方にもおすすめのシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

未経験でもフリーランスを目指せる仕事6選

実際に未経験でもフリーランスを目指せる仕事について紹介します。

仕事
必要なスキル
収入の目安
①Webライター
・ライティングスキル ・情報収集スキル ・コミュニケーションスキル
低単価の案件も多く、年収100万円~500万円と差がある
➁ITエンジニア
・IT・PCの知識 ・プログラミング言語の知識とプログラミングスキル ・コミュニケーションスキル
本格的に活躍できれば年収400万円~600万円も目指せる
③Webデザイナー
・デザインセンス ・専用のソフトの操作スキル ・コミュニケーションスキル
年収300万円~600万円とスキルによって差が大きい
④ブロガー・アフィリエイター
・Webサイトの制作・運営スキル ・WebマーケティングやSEOの知識 ・文章力
月収0円~数百万円と、サイトの人気具合によって大きく変わる
⑤動画編集者
・動画編集スキル ・編集ソフトの操作スキル ・コミュニケーションスキル
スキルによって変わるが年収400万円ほどが平均的
⑥イラストレーター
・デザインセンス ・専用のソフトの操作スキル ・コミュニケーションスキル
相場はモノクロで3000〜5000円、カラーで5000〜1万円。どれだけ案件を受注できるかで収入が変わる

①Webライター

1つ目が、Webライターです。Webライターとは、WebサイトやECサイトなどに掲載する文章を書くライターのことで、副業として始める方も増加しています。

💡
Webライターに求められるスキル
  • ライティングスキル
  • 情報収集スキル
  • コミュニケーションスキル

PC1台あれば作業でき、文章を書くだけなので未経験でも始めやすい一方、低単価の案件も多く、安定した収入を得られるまでは数ヶ月~1年ほどかかります。 専門分野であれば高単価の案件を狙えるので、不動産や金融など、特定の分野に特化した知識を身に付けておくとよいでしょう。

➁ITエンジニア

2つ目が、ITエンジニアです。ITエンジニアとは、アプリの開発やシステムの設計に携わる仕事のことです。

💡
ITエンジニアに求められるスキル
  • IT・PCの知識
  • プログラミング言語の知識とプログラミングスキル
  • コミュニケーションスキル

未経験でも簡単な業務であれば始められますが、プログラミング言語の知識とプログラミングスキルは必須なので、まずはスクールに通ってスキルを蓄えておくのがおすすめです。 また、実務経験がないと低単価で仕事を請け負うことになるので、ITエンジニアとして転職してからフリーランスを目指すのも手です。

③Webデザイナー

3つ目が、Webデザイナーです。Webデザイナーとは、Webサイトのデザインやレイアウトを考える仕事のことで、特に女性に人気の職種です。

💡
Webデザイナーに求められるスキル
  • デザインセンス
  • 専用のソフトの操作スキル
  • コミュニケーションスキル

Webデザイナーも未経験でも始められる仕事ですが、デザインセンスとPhotoshopやIllustratorといった専用ソフトの操作スキルなど、ある程度のスキルが求められます。 また、プログラミング知識も必要になるので、スクールに入ってWebデザイナーに必要なスキルを磨いておくのがおすすめです。

④ブロガー・アフィリエイター

4つ目が、ブロガー・アフィリエイターです。ブロガーは自分で開設したブログを運営して収益を上げている方、アフィリエイターはブログに掲載している成果報酬型広告(アフィリエイト)で報酬を得ている方のことです。

💡
ブロガー・アフィリエイターに求められるスキル
  • Webサイトの制作・運営スキル
  • WebマーケティングやSEOの知識
  • 文章力

ブログを開設すればすぐに始められるので、誰でも始めやすいのが特徴です。しかし、収益化するまでは1年以上かかる場合もあり、その間1円も収益が発生しない可能性もあります。また、収益が発生するようになっても月によって波があるので、収入が不安定といった面もあります。

⑤動画編集者

5つ目が、動画編集者です。動画編集者は、撮影済みの映像や音声を編集して動画にする仕事を請け負っている方のことです。 今は簡単に操作できる動画編集ソフトがあるので未経験でも始めやすく、動画サイトの普及もあり需要も増加しています。

💡
動画編集者に求められるスキル
  • 動画編集スキル
  • 編集ソフトの操作スキル
  • コミュニケーションスキル

動画編集は不要なシーンを削り、適切なタイミングで効果音を入れ込んだり、映像を加工したりする技術が求められます。 また、動画を視聴するユーザーの好みに合わせた編集ができると再生回数の増加につながり、クライアントからも重宝されます。

⑥イラストレーター

6つ目が、イラストレーターです。イラストレーターは、キャラクターデザインや広告など、企業向けのデザインを描く仕事をしている方のことです。

💡
イラストレーターに求められるスキル
  • デザインセンス
  • 専用のソフトの操作スキル
  • コミュニケーションスキル

手書きのイラストを納品する場合もありますが、最近ではデジタルのイラストを求められることが多いので、IllustratorやPhotoshopといった専用ソフトの操作スキルが必須です。 イラストの相場はモノクロで3000〜5000円、カラーで5000〜1万円となっているので、どれだけ案件を受注できるかで収入が変わります。

✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 フリーランスの方にもおすすめのシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

参考|無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」

image

パルケミートはログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです。 ぜひ一度体験してみてください。

  • 無料で時間制限がないウェブ会議
  • アカウントもアプリダウンロードも不要
  • 会話の「文字起こし」を会議後に振り返り

参考|とにかく簡単につながる無料ビジネスチャット「パルケトーク」

image

シンプルで誰にでも使いこなせるビジネスチャットです。

  • 完全無料のビジネスチャット
  • グループトークも無制限&履歴の閲覧期限なし
  • 招待リンクやQRコードで簡単につながる

まとめ

今回はフリーランスに必要なスキルや、フリーランスを目指すまでのステップ、未経験でもフリーランスを目指せる仕事についてご紹介しました。 自由な働き方ができるフリーランスですが、独立するにはそれぞれの職種に関するスキルを磨く必要があります。この記事を参考にし、フリーランスになるまでの準備を始めてみてはいかがでしょうか。

🏠  楽しく働くを語るラボ ➡  働き方 ➡  未経験でもフリーランスを目指したいあなたへ!求められるスキルと成功へのステップを解説

icon
Parque(パルケ)

株式会社パルケ公式、「楽しく働くを語るラボ」編集部です。働くすべての方に向けて情報を発信しています。 Twitter,Facebook,noteで記事の更新情報やセミナーの最新情報などを都度発信しています。ぜひフォローしてみてださい。

note

おすすめ記事

記事一覧

©️  Parque.Inc