【2022年版】フリーランスの年収ってどれくらい?職種別に必要なスキルと想定年収を紹介

カテゴリ
働き方
タグ
働き方改革フリーランス副業
公開日
September 7, 2022
image

近年、多様な働き方が広がる中「フリーランス」という働き方が人気を集めています。 「フリーランスの年収は?」 「フリーランスにはどんな職種があるの?」 「必要なスキルは?」 と、フリーランスに関して興味を持っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、職種別の必要なスキルと想定年収までご紹介していきます。

✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 フリーランスの方にもおすすめのシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

💡 この記事でわかること

フリーランスの気になる年収は?

令和2年5月に内閣官房日本経済再生総合事務局が発表した、フリーランス実態調査によると、フリーランスとして働いている人の年収は200万円以上300万円未満(19%)が最も多いという結果でした。 フリーランスは会社員と比べると、保険や税金などが高く、利用できる社会保障が少ない傾向にあるため、生活が安定しにくいとも言われています。 そのため、本業フリーランスであれば年収400万円以上を目安にすることがおすすめです。

✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 フリーランスの方にもおすすめのシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

フリーランスの仕事・必要なスキル・想定年収とは?

フリーランスと一口に言っても、その仕事内容や必要とされるスキルはさまざまです。 ここでは、フリーランスにはどんな仕事があるのか、必要なスキルと想定年収についてジャンル別にご紹介していきます。

仕事
必要なスキル
想定年収
エンジニア系
プログラマー
プログラミング言語
500万円~800万円以上
WEBエンジニア
プログラミング言語 データベース設計
500万円〜880万円以上
クリエイティブ系
WEBデザイナー
WEBデザインスキル WEBマーケティングの知識
360万円~600万円以上
UI/UXデザイナー
設計スキル 心理学の知識
360万円~600万円以上
マーケター系
WEBディレクター
マネジメントスキル データ分析スキル
600万円~900万円以上
WEBマーケター
マーケティングスキル データ分析スキル
400万円~800万円以上
コンサルタント系
ITコンサルタント
ITスキル コミュニケーションスキル
600万円〜900万円以上
ライター系
Webライター
ライティングスキル SEOスキル
100万円~500万円以上
コピーライター
マーケティングスキル コピーライティングスキル
100万円~550万円以上
接客・サービス系
営業代行
営業スキル コミュニケーションスキル
営業スキルによっては、年収1000万円を目指すことも可能
スポーツトレーナー
スポーツスキル 専門知識
180万円~300万円以上
新しい職種
ユーチューバー
企画スキル 編集スキル
0円~1000万円以上 ※再生回数による
インフルエンサー
企画スキル マーケティングスキル
0円~1000万円以上 ※フォロワー数による
✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 フリーランスの方にもおすすめのシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

エンジニア系

1.プログラマー

プログラマーとは、プログラミング言語を使用してコードを書き、システムやソフトウェアを作る仕事です。

💡
【仕事内容】 プログラマーはプログラミング言語を使い、クライアントの意向に合わせてプログラムを作成します。問題やバグが発生した場合は、エラーの検出・修正をおこないます。

【想定年収】

500万円~800万円以上

【必要なスキル】

プログラミング言語

2.WEBエンジニア

Webエンジニアとは、プログラミング言語を使ってWebシステムやWebサイトなどを開発する仕事です。

💡
【仕事内容】 Webエンジニアは、プログラミング言語を使い、クライアントの意向に合わせてWebシステムなどを開発します。要件定義や設計、プログラミング、テスト、運用、保守などの工程があり、上流から下流まで一貫して担当する場合や、一部のみを担当する場合もあります。

【想定年収】 500万円〜880万円以上

【必要なスキル】 プログラミング言語、データベース設計

クリエイティブ系

1.WEBデザイナー

WEBデザイナーとは、その名の通り、WEBサイトのデザインをおこなう仕事です。 見やすく美しいデザインと、機能的な構成を考え、コーディングまでおこないます。

💡
【仕事内容】 WEBデザイナーは、ただデザインを担当するだけでなく、クライアントが求めるWEBサイトを作成するために、ヒアリングや調査・分析、サイト設計、デザイン、コーディングなどの工程もおこないます。

【想定年収】 360万円~600万円以上

【必要なスキル】 WEBデザインスキル、WEBマーケティングの知識

2.UIUXデザイナー

UI/UXデザイナーとは、ユーザーインタフェース(UI)とユーザーエクスペリエンス(UX)のデザインをおこなう仕事です。

💡
【仕事内容】 UIデザイナーの仕事内容は、WEBサイトなどのさまざまなサービスのUIをデザインすることです。見出しや文章、画像などをユーザーが見やすいように配置したり、ボタンなどを使いやすい場所に配置する設計もおこないます。 UXデザイナーは、見た目や使いやすさだけでなく、UIの一歩先までデザインする仕事で、UIよりもより知識とスキルが必要とされています。

【想定年収】 360万円~600万円以上

【必要なスキル】 設計スキル、心理学の知識

マーケター系

1.WEBディレクター

Webディレクターとは、Webサービス・サイトを作成する際の責任者のことを指します。

💡
【仕事内容】 WEBデザイナーやWEBプログラマーなどのWEB制作に関わる人達をまとめ、クライアントの意向に沿ったWEBコンテンツを作り上げます。プロジェクトの進行、管理をおこない、プロジェクトのリーダーとして役割を担当します。

【想定年収】 600万円~900万円以上

【必要なスキル】 マネジメントスキル、データ分析スキル

2.WEBマーケター

Webマーケターとは、Webサイトやサービスを通して、集客や売上UPさせるための戦略を立てる仕事です。

💡
【仕事内容】 WEBマーケターは、ターゲットの設定やコンセプト設定、SNS運用やSEO対策、広告、アクセス分析といった一連の流れをおこないます。実際に運用をおこなうことはもちろん、取り組んだ結果を確認し、さらに改善させていくことが大切な仕事になります。

【想定年収】 400万円~800万円以上

【必要なスキル】 マーケティングスキル、データ分析スキル

コンサルタント系

1.ITコンサルタント

ITコンサルタントとは、ITを専門として扱い、企業の課題解決をサポートする仕事です。

💡
【仕事内容】 ITコンサルタントの仕事内容は、IT技術をどう活かせば課題解決できるかを考え、企業に提案することです。フリーのコンサルタントの場合、コンサル会社で経験を積んでから独立するというケースが一般的です。

【想定年収】 600万円〜900万円以上

【必要なスキル】 ITスキル、コミュニケーションスキル

ライター系

1.WEBライター

WEBライターとは、WEB上で文書を書く人のことを指します。WEBライターは、検索エンジンなどからの集客やSEOを意識してライティングする必要があります。

💡
【仕事内容】 WEBライターの仕事内容としては、ネット広告の文章や企業のWebサイトに掲載するコラム記事、ECサイトの商品説明文など、幅広い内容のライティングをおこないます。文章を書くことができれば特別なスキルがなくても始めることができます。ただ、高単価案件を狙うにはSEOなどのスキルが必要となります。

【想定年収】 100万円〜500万円以上

【必要なスキル】 ライティングスキル、SEOスキル

2.コピーライター

コピーライターとは、企業のメディア広告や記事広告などで使う、ブランディングのためのキャッチコピーを考える仕事です。

💡
【仕事内容】 フリーランスのコピーライターの場合、商品のネーミングやキャッチコピーなどのコンペに応募し、採用されることで報酬を得るのが一般的です。 最近ではコンペも多く開催されており、応募の機会も増えるとされています。また、商品の開発やコンセプト考案などにも携われるケースもあります。

【想定年収】 100万円〜550万円以上

【必要なスキル】 マーケティングスキル、コピーライティングスキル

接客・サービス系

1.営業代行

営業代行とは、契約獲得や顧客獲得などの営業業務を代わりにおこなう仕事です。

💡
【仕事内容】 営業代行の仕事内容は、市場のリサーチやマーケティング戦略の考案、商談、カスタマーサポート、広告作成など、さまざまな業務があります。これらの業務を通じて契約獲得や顧客獲得をしていきます。

【想定年収】 成果報酬の場合が多いのでスキルにより大きく異なります。 営業スキルによっては、年収1000万円を目指すことも可能です。

【必要なスキル】 営業スキル、コミュニケーションスキル

2.スポーツトレーナー

スポーツトレーナーとは、スポーツ選手のスキルアップや身体づくりを支える専門家のことで、選手が能力を発揮できるようにサポートしています。

💡
【仕事内容】 スポーツトレーナーの仕事内容は、選手の体調管理や健康管理、栄養管理はもちろんメンタルケアなどもおこないます。また、怪我の応急処置やケアも仕事のひとつになります。

【想定年収】 180万円〜300万円以上

【必要なスキル】 スポーツスキル、専門知識

新しい職種

1.ユーチューバー

ユーチューバーとは、YouTubeに動画を投稿し、再生回数に応じて広告収入を得る人のことを指します。

💡
【仕事内容】 ユーチューバーの主な仕事内容は、動画の企画、撮影、編集、アップロードなどです。また、企業から商品を紹介してほしいなどの案件を受ける場合があります。ユーチューバーは、スキルなどがなくても始めることはできますが、競合が多いので決して簡単ではありません。企画力や継続力が必要となります。

【想定年収】 0円〜1000万円以上(再生回数による)

【必要なスキル】 企画スキル、編集スキル

2.インフルエンサー

インフルエンサーとは、SNSなどにおいて、ユーザーに大きな影響を与える人のことを指します。

💡
【仕事内容】

企業がPRしたい商品に合わせ、インフルエンサーを起用します。インフルエンサーは、商品の紹介、PRを行いフォロワーに影響を与え、販売促進を促すことを目的としSNSなどで発信します。収入は、フォロワー数や影響力によって大きく変化します。

【想定年収】 0円〜1000万円以上(フォロワー数による)

【必要なスキル】 企画スキル、マーケティングスキル

参考|無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」

image

パルケミートはログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです。 ぜひ一度体験してみてください。

  • 無料で時間制限がないウェブ会議
  • アカウントもアプリダウンロードも不要
  • 会話の「文字起こし」を会議後に振り返り

参考|とにかく簡単につながる無料ビジネスチャット「パルケトーク」

image

シンプルで誰にでも使いこなせるビジネスチャットです。

  • 完全無料のビジネスチャット
  • グループトークも無制限&履歴の閲覧期限なし
  • 招待リンクやQRコードで簡単につながる

まとめ

ここまで、フリーランスの平均年収と職種別の想定年収、必要なスキルまでご紹介してきました。 フリーランスの仕事の種類は多く、職種により必要とされるスキルも異なるので、自分にマッチした職種を選ぶことが重要です。フリーランスに興味のある方はぜひ参考にしてみて下さい。

🏠  楽しく働くを語るラボ ➡  働き方 ➡  【2022年版】フリーランスの年収ってどれくらい?職種別に必要なスキルと想定年収を紹介

icon
Parque(パルケ)

株式会社パルケ公式、「楽しく働くを語るラボ」編集部です。働くすべての方に向けて情報を発信しています。 Twitter,Facebook,noteで記事の更新情報やセミナーの最新情報などを都度発信しています。ぜひフォローしてみてださい。

note

おすすめ記事

記事一覧

©️  Parque.Inc