1on1の効率を大きく変える!Kakeai(カケアイ)の特徴・使い方・クチコミ・評判・料金を紹介!

カテゴリ
ツール活用
タグ
1on1人事人材育成
公開日
March 17, 2022
更新日
May 12, 2022
image

1on1ミーティングツールはコロナ禍をきっかけとして急速に普及したリモートワークやテレワークに欠かせないサービスとして導入する企業が増えたサービスです。 そのなかでもKakeai(カケアイ)アジア太平洋地域における2019・2020 HR tech サービス TOP10 に選出された1on1ミーティングツールです。 マネージャー・メンバー双方の負担を軽減しながら1on1の質を向上することができる魅力的なサービスですが、実際に導入するにあたっては、色々と事前に確認しておきたいものです。

💡
  • 1on1ツールを導入したことがないので心配である
  • 実際にどのような機能があるのかよく分かっていない
  • 気がつけば高額の支払いにならないよう料金をしっかり確認しておきたい
  • ユーザーの導入事例も参考にしたい

この記事ではKakeai(カケアイ)の機能、導入事例、料金を幅広くご紹介します。 最後までお読みいただくと、Kakeai(カケアイ)が自分たちに本当にフィットするのか分かるようになります。

✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

💡 この記事でわかること

1. 1on1ツール「Kakeai(カケアイ)」とは

image

Kakeai(カケアイ)は1on1や連続的な面談で発生しがちな物理的・心理的負担を減らしつつ、双方のコミュニケーションスキルやマネジメント力へ依存することなく、その質を引き上げる1on1ミーティングツールです。

1.1 メンバーやメンティが1on1で話したいテーマと相手に期待していることを決められる

1.2 1on1実施中にメモを残したり、過去の履歴を参照できる

1on1実施画面では、オンラインホワイトボードのようにメモ欄に入力した内容を双方リアルタイムで確認できます。前回の1on1の記録を確認することも可能です。

1.3 1on1終了後の「すっきり度合い」をもとに改善の材料を提供

1on1が終了すると、メンバーは「すっきり度合い」を入力します。(マネージャーには総合的な回答傾向として表示され、各メンバーがどう回答したかは表示されません。) 「すっきり度合い」をもとに、Kakeai(カケアイ)が、マネージャーの苦手なトピック・対応を伝えたり、世の中のマネージャーと比較した傾向などを伝え、メンバーへの関わり方の改善を促してくれます。

2. Kakeai(カケアイ)の使い方

Kakeai(カケアイ)を使うにあたってまずは、同社のホームページから問い合わせをするとよいでしょう。 まずフォームに会社情報や連絡先などを入力して申し込むと、担当者から連絡があります。

✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

3. Kakeai(カケアイ)の主な機能

Kakeai(カケアイ)は主に以下の機能を利用できます。

💡
主な機能
  • メンバーやメンティによるトピックと期待する対応の設定
  • OutlookやGoogleカレンダーとの連携
  • マネジャーやメンターへのTeams・Slack・メール通知
  • 1クリックによるビデオ通話
  • 1on1による約束事や宿題のためのToDo機能
  • マネジャーやメンターへの1on1満足度や推移のフィードバック
  • 脳科学に基づくセルフアセスメント

リモートワークやテレワークを導入する企業を中心に1on1ミーティングを実施する事例が増えていますが、「いつも同じ話でつまらない」「話すことがない」「結局、業務指示と報告の場になっている」といった声もよく聞かれます。 Kakeai(カケアイ)があればマネジャーやメンター個々人の力量に依存することなく、効果的な1on1ができるようになるという特徴があります。

✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

4. Kakeai(カケアイ)の導入事例

それでは、Kakeai(カケアイ)の導入事例を紹介します。

みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社、2021年6月取材   Kakeaiを使うと1on1で話した内容を簡単に振り返ることができます。現場で起きている1−2週間の業務の状況を手元で記録しておいて、kakeai上で前回書いたコメントをそのままコピーして、そこから一週間分の動きを追加したり、終わったものを消したりして現状を整理して1on1で話をするようにしています。 ー 引用元:Kakeai(カケアイ)ホームページ(一部抜粋)
旭化成株式会社、取材時期不明   以前からメンバーが仕事ではないことを話したい気持ちなのだろうなという感覚はありましたが、いざ1on1の場になると、仕事の話になってしまいがちでした。それがKAKEAIを使うことで、テーマを選択肢から選んだり、これを使ってどんな1on1にしたいかを最初に確認したりして、仕事の以外の話をようやくできるようになったことが良かったですね。メンバーが選んでくれたトピックが事前にKAKEAIから届くので、それがたとえ直前だとしてもとても助かっています。 ー 引用元:Kakeai(カケアイ)ホームページ(一部抜粋)
リコージャパン株式会社、取材時期不明   須藤さんとのやりとりを画面共有しながら共同でメモが取れるので、須藤さんが言っていることをひたすらメモに残しつつ、時々質問を入れています。メモがないと全ては覚えていられませんし、カケアイ以外でやろうとすると管理も面倒ですし、履歴がずっと残っているのはいいですね。 ー 引用元:Kakeai(カケアイ)ホームページ(一部抜粋)
オムロングループ オムロン エキスパートリンク株式会社、取材時期不明   KAKEAIのMonthly Hearingという月1回のサーベイによって「1on1で話した内容が実行につながっているか」「上司はそのための必要なサポー ト、フォローを行っているか」などの観点で振り返りながら対話とアクション、その後の振り返りのサイクルを回していくこともできます。また、メンバごとの成長の実感も把握することができます。リアルな組織マネジメントの課題に対応したKAKEAIには大きな可能性を感じています。 ー 引用元:Kakeai(カケアイ)ホームページ(一部抜粋)
アステラス製薬株式会社、取材時期不明   カケアイで、1on1で「話したいこと」や「上司に求める対応」を事前に選択できることが、思考の整理に繋がっています。例えば、自分に何か困っていることがあった時、「本当は上司にどうして欲しいのか(アドバイスが欲しいのか、一緒に考えて欲しいのか、意見を聞きたいのか…)」と考える機会になっています。 ー 引用元:Kakeai(カケアイ)ホームページ(一部抜粋)
✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

5. Kakeai(カケアイ)の料金

Kakeai(カケアイ)の料金体系は初期費用+月額費用ですが、具体的な金額はホームページに記載がありません。 一部のクチコミサイトで初期費用は33万円、月額費用はユーザーあたり440円との記載もありますが、ホームページから直接ご確認ください。

✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

6. Kakeai(カケアイ)の注意点

これまで見てきた通り、Kakeai(カケアイ)は1on1の質を高め、リモートワークにおいても満足度の高い1対1のコミュニケーションの継続をサポートしてくれるツールです。

一方でクチコミや料金などは公開されている情報があまり多くないため、導入前にクチコミや料金などを含めた検討ができないのは残念な点といえるでしょう。

参考|無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」

image

パルケミートはログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです。 ぜひ一度体験してみてください。

  • 無料で時間制限がないウェブ会議
  • アカウントもアプリダウンロードも不要
  • 会話の「文字起こし」を会議後に振り返り

参考|とにかく簡単につながる無料ビジネスチャット「パルケトーク」(2022年秋開始予定)

サービス開始の準備ができましたら、ご案内しますので、お気軽にご登録ください。

  • 1タップでチャット招待
  • グループトークもカンタン設定
  • タスク管理もアンケートも
✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

7. Kakeai(カケアイ)の主な機能・導入事例・料金まとめ

以上、Kakeai(カケアイ)の主な機能、導入事例、料金などをご紹介してきました。 Kakeai(カケアイ)の導入企業をみると、マネジメント層が多く、かつ、現場メンバーのエンゲージメント向上やパフォーマンス強化に改善の余地があると考える企業では特に力を発揮するツールと言えそうです。

一方で、Kakeai(カケアイ)には無料プランや試用期間は用意されていないため、事前に1on1に求める成果やツール導入の目的をクリアにしておいた方がよいでしょう。 そのあたりも踏まえながら、Kakeai(カケアイ)が自分たちにフィットしたサービスなのか他のメンバーとじっくり議論してみてはいかがでしょうか。

🏠  楽しく働くを語るラボ ➡  ツール活用 ➡  1on1の効率を大きく変える!Kakeai(カケアイ)を分析!主な機能・導入事例・料金を紹介!

カテゴリ:ツール活用

タグ:1on1 人事 人材育成

icon
Parque(パルケ)

株式会社パルケ公式、「楽しく働くを語るラボ」編集部です。働くすべての方に向けて情報を発信しています。 Twitter,Facebook,noteで記事の更新情報やセミナーの最新情報などを都度発信しています。ぜひフォローしてみてださい。

note

おすすめ記事

記事一覧

©️  Parque.Inc