【徹底比較】オンライン商談ツールのおすすめ10選!主な機能や料金とは?

カテゴリ
ツール活用
タグ
ウェブ会議オンライン商談テレワーク情報共有業務効率
公開日
April 13, 2022
image

コロナ禍をきっかけとして一気に浸透したオンライン商談ですが、移動時間の削減や遠隔地のクライアントとも気軽に商談ができるなどのメリットから、いまや対面と並ぶ主要な商談スタイルとなりつつあります。

オンラインで商談をおこなう際、ZoomやMicrosoft Teamsなどのウェブ会議システムを使用するケースも多いかと思いますが、特徴的な機能を有するオンライン商談に特化したツールも数多く出てきており、営業活動をより効率的・効果的におこないたい企業から注目を集めています。

そこでこの記事では、オンライン商談ツールのおすすめ10選をご紹介します。

✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

💡 この記事でわかること

オンライン商談ツールとは

オンライン商談ツールとは、対面ではなくオンラインで商談を行うために用いられるツールのことです。いわゆるZoomなどといったウェブ会議システムをオンライン商談に使っている企業も多いかと思いますが、最近ではオンライン商談に特化した機能を持つツールも数多く誕生しています。

オンライン商談ツールによって、搭載されている機能は大きく異なります。自社に適したツールを選ぶためには、それぞれのツールの違いに注目し、どれを導入するのか判断する必要があります。

おすすめのオンライン商談ツール10選

今回ご紹介するオンライン商談ツールは、以下のとおりです。

💡
  • ベルフェイス
  • VCRM
  • meet in
  • どこでもSHOWBY
  • はなスポット
  • B-Room
  • RemoMee
  • ビデオトーク
  • Remote Operator Sales
  • Surfly(サーフリー)

それでは、一つひとつのツールについて、機能や料金などの特徴を詳しく見ていきましょう。

✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

①ベルフェイス

image

1つ目のおすすめオンライン商談ツールは「ベルフェイス」です。特徴や機能、料金について解説します。

ベルフェイスの特徴

ベルフェイスには一般的なウェブ会議ツールにはない商談をスムーズに進めるための豊富な機能が搭載されています。また、電話でつながるため、だれでも簡単に使うことができる点も特徴です。

契約や個人情報などを扱う商談、お客様サポートの場面でも安心して使えるセキュリティレベルを有しており、多くの大企業からも支持を得ているオンライン商談サービスのパイオニアとも言える存在です。

ベルフェイスの使い方

ベルフェイスを導入するには、まず担当者情報と会社情報を入力した上で問い合わせをおこなう必要があります。その際、資料をダウンロードすることができます。 その後、担当者からの連絡があって、見積提示など次のステップに進んでいきます。

ベルフェイスの主な機能

ベルフェイスでは主に以下の機能が利用できます。

💡
主な機能
  • 5秒で誰にでも接続できる
  • 営業内容を録画録音、データで保存・共有できる
  • 商談相手が営業担当の資料を自由に操作できる「シンクロプレゼンテーション機能」
  • デジタル名刺の自己紹介機能
  • ビューティーモード機能
  • 営業担当自身にしか表示できないデジタルカンペ「スクリプト機能」 など

ベルフェイスの料金

ベルフェイスの料金体系は初期費用+月額費用です。 具体的な金額を確認するためには、ホームページで料金表をダウンロードする必要があります。

✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

②VCRM

image

2つ目のおすすめオンライン商談ツールは「VCRM」です。特徴や機能、料金について解説します。

VCRMの特徴

VCRMは、電話音声またはPCマイクを活用した音声通話をシーンによって切り替え可能なため、営業電話中にスムーズにオンライン商談へ誘導できるのが特徴です。また、ユーザー登録数が無制限のため、活用方法次第で、低コストでの運用が実現できる点も魅力です。

VCRMの使い方

VCRMには10日間の無料トライアルが用意されています。ホームページにあるフォームに連絡先や会社の情報などを入力して申し込むことができます。

VCRMの主な機能

VCRMでは主に以下の機能が利用できます。

💡
主な機能
  • ビデオ通話
  • 画面共有
  • 資料のカンペ機能
  • 録画・録音

VCRMの料金

VCRMの料金体系は以下の通りで、契約期間は12ヶ月(自動延長)です。 金額は下表の通りですが、詳細はホームページでご確認ください。

項目
料金
備考
初期費用
9万8000円
追加1ルームあたり5000円
月額費用
月5000円/ルーム
ユーザー登録無制限
✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

③meet in

image

3つ目のおすすめオンライン商談ツールは「meet in」です。特徴や機能、料金について解説します。

meet inの特徴

meet inは、オンラインでの営業に特化した機能がそろっているオンライン商談ツールです。サーバーを介在させない接続方法(P2P)のため、セキュリティリスクが低いのも特徴です。アプリのダウンロード一切不要で、URLワンクリックで簡単に接続できる点も魅力です。

meet inの使い方

meet inの導入にあたっては、まずはフォームから問い合わせる必要があります。

meet inの主な機能

meet inでは主に以下の機能が利用できます。

💡
主な機能
  • ホワイトボードやメモへの双方から書き込み
  • 自動文字起こし機能
  • 録画機能
  • 画面共有
  • 最大1000人までの人数・ウェビナー機能
  • ミーティング中にルームをロックする機能

meet inの料金

meet inのプランと金額については、公式ページに具体的な掲載がなかったため、直接問い合わせる必要があります。 ホームページの「料金・機能に関して、その他お問い合わせ」フォームに担当者情報、会社情報、使用使途などを入力すると問い合わせの手続きをおこなえます。

✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

④どこでもSHOWBY

image

4つ目のおすすめオンライン商談ツールは「どこでもSHOWBY」です。特徴や機能、料金について解説します。

どこでもSHOWBYの特徴

どこでもSHOWBYは、無料プランでもウェブ会議、画面共有、チャット、ファイル共有など充実した機能を利用できるオンライン商談ツールです。月20回まで無料でオンライン商談を実施することができます。また、お好みで利用できる便利な「プラス機能」でより快適なウェブ会議が可能となる点も魅力です。

どこでもSHOWBYの使い方

どこでもSHOWBYを使うにあたってまずは、アカウント登録が必要となります。 メールアドレスを登録し、使用者の情報を入力することが求められます。

どこでもSHOWBYの主な機能

どこでもSHOWBYでは主に以下の機能が利用できます。

💡
主な機能
  • ウェブ会議
  • チャット
  • オンライン名刺
  • アンケート機能
  • ファイル共有

有料プランでは、便利なプラス機能を無料(一部有料)で利用することができます。

どこでもSHOWBYの料金

どこでもSHOWBYの料金体系は月額費用です。金額はホームページで確認することができます。

また、有料プランは2つが用意されていて、それぞれ90日間の無料利用がついています。

プラン名
料金
商談回数
備考
無料プラン
無料
月20回まで
ユーザー課金プラン
月1980円/人
無制限
ルーム課金プラン
月5500円/部屋
無制限
ユーザー追加は無料、部屋追加毎に5500円
✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

⑤はなスポット

image

5つ目のおすすめオンライン商談ツールは「はなスポット」です。特徴や機能、料金について解説します。

はなスポットの特徴

はなスポットは、商談の前後で便利に利用できる機能が豊富に用意されたオンライン商談ツールです。ミーティングのスケジュールが自動で調整できる機能や自動で議事録を作成できる機能が搭載されており、商談前後の業務の効率化を図ることができる点が魅力です。

はなスポットの使い方

はなスポットを使うにあたってまずは、申し込みのうえ、アカウント登録をおこなうことが求められます。ユーザー専用ログイン用URLとパスワードを確認し、ユーザー画面から商談が開始できます。

はなスポットの主な機能

はなスポットでは主に以下の機能が利用できます。

💡
主な機能
  • オンライン名刺交換
  • 全体共有メモ
  • プレゼンモード
  • トークスクリプト
  • 音声自動議事録
  • スケジュール調整機能

1ルームごとにゲストを含めて最大4人までが同時にミーティングが可能です。

はなスポットの料金

はなスポットの料金体系は月額費用のみで、金額はホームページで確認することができます。 また、「はなスポット MADOGUCHI」に関しては、価格と機能について直接問い合わせる必要があります。

プラン名
ルーム
料金
備考
はなスポット Sプラン
1ルーム
月3万5000円
1つのルームに入れるのは最大4人までで、1ルームにつき同時刻以外の利用であれば誰でも何度でも利用可能
はなスポット Mプラン
3ルーム
月6万9000円
同上
はなスポット MADOGUCHI
-
-
要お問い合わせ
✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

⑥B-Room

image

6つ目のおすすめオンライン商談ツールは「B-Room」です。特徴や機能、料金について解説します。

B-Roomの特徴

B-Roomは、高品質な音声や画像、高いセキュリティなどから、大企業からも支持を得ているオンライン商談ツールです。主催者も参加者もインストール不要で利用できるため、商談相手に負荷がかからない点も特徴です。

B-Roomの使い方

B-Roomを使いはじめるためには、まずは問い合わせをおこなう必要があります。 実際に会議をおこなう際は、主催者も商談相手もインストールや専用アプリのダウンロードは必要ありません。また、初期設定も不要です。

B-Roomの主な機能

B-Roomでは主に以下の機能が利用できます。

💡
主な機能
  • ウェブ会議(主催者・商談相手含めて、ひとつのルームに4名まで)
  • デスクトップ共有
  • チャット
  • オンライン名刺交換
  • プレゼンモード
  • トークスクリプト
  • 音声自動議事録
  • 管理機能(商談履歴や削減コストの自動計算など)

1ルームごとにゲストを含めて最大4人までが同時にミーティングが可能です。

B-Roomの料金

B-Roomは料金体系は、初期費用や従量課金がなく、1ルームあたりの月額費用のみとなっています。また、1ルーム単位の追加や、100ルーム以上の契約を希望する場合は、問い合わせフォームから確認するように案内されています。

契約ルーム数
月額料金
1ルーム
3万5000円
3ルーム
6万9000円
20ルーム以上
40万円〜
✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

⑦RemoMee

image

7つ目のおすすめオンライン商談ツールは「RemoMee」です。特徴や機能、料金について解説します。

RemoMeeの特徴

RemoMeeは、1to1の商談に特化したオンライン商談ツールです。商談が大人数ではなく、1対1でおこなう業種や職種の方々におすすめです。⾳声は電話回線を使⽤することで安定した接続を実現するとともに、商談を円滑に進めるためのさまざまなサポート機能が用意されています。

RemoMeeの使い方

RemoMeeを使うにあたってまずは、資料請求と無料トライアルを行うことが推奨されています。 無料トライアルは、ホームページ上のフォームから申し込むことができます。

RemoMeeの主な機能

RemoMeeでは主に以下の機能が利用できます。 基本プランであるRemoMeeスタンダードに、オプション機能をつけることも可能です。

💡
RemoMeeスタンダード
  • バーチャル背景機能
  • 商談予約機能
  • グループ機能
  • プロフィール機能
  • 資料共有機能 など
💡
オプション機能
  • BIZTEL連携
    • 商談開始時にソフトフォンが立ち上がり架電できる
  • 商談窓エンベット
    • 商談番号を入力する窓を自社サイトに埋め込む

RemoMeeの料金

RemoMeeの料金体系は初期費用 + 月額費用です。 料金プランは次の通りですが、詳しくはホームページでご確認ください。

料金
備考
初期費用
10万円
アカウント設定・オンボーディング費⽤が含まれます
RemoMeeスタンダード
月1万5000円/人
BIZTEL連携プラン
月2万円/人
別途、通話料が発生します
オプション: 商談窓エンベット【RemoMeeロゴあり】
0円
オプション: 商談窓エンベット【RemoMeeロゴなし】
月3000円
✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

⑧ビデオトーク

image

8つ目のおすすめオンライン商談ツールは「ビデオトーク」です。特徴や機能、料金について解説します。

ビデオトークの特徴

ビデオトーク接客・相談・診療などB2Cにフォーカスしたツールで、SMSでURLを送るだけでオンライン商談をすぐはじめることができます。Webブラウザでビデオ通話できるため、アプリインストールや アカウントなしで、オペレータもお客さま(エンドユーザー)もURLをクリックするだけですぐにビデオ通話を開始することができます。NTTグループの運用ノウハウを活かした、万全のセキュリティ対策とサポートも魅力です。

ビデオトークの使い方

ビデオトークには無料トライアルが用意されています。フォームに担当者情報、会社情報、連絡先や利用目的などを入力して申し込むと担当者から連絡があって、その後、無料トライアル(14日間)がスタートとなります。

ビデオトークの主な機能

ビデオトークでは主に以下の機能が利用できます。

💡
主な機能
  • ビデオ通話(3人まで通話可)
  • カメラ撮影送信
  • 画面共有
  • テキストチャット
  • 位置情報送信
  • 終話画面カスタマイズ
  • API(通話URL発行、通話用URL SMS送信、通話履歴確認)

ビデオトークの料金

ビデオトークの料金は月12,000円(税別) /1同時通話に加えて、別途、初期費用が発生しますが、ホームページには記載がありませんでした。 詳しくは直接ご確認ください。

料金体系
初期費用 + 月額費用(定額)
ご契約回線数により月額費用が決定
導入サポート
0円
初期導入時の使い方支援などサポート費用
運用サポート
0円
メールによるテクニカルサポート サポート対応時間: 土、日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)を除いた平日10時~18時
API連携サポート
0円
お客様自社システムと連携する際のテクニカルサポート費用
✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

⑨Remote Operator Sales

image

9つ目のおすすめオンライン商談ツールは「Remote Operator Sales」です。特徴や機能、料金について解説します。

Remote Operator Salesの特徴

Remote Operator Salesは、初期費用0円・月額1万円で1人からでも導入可能なオンライン商談ツールです。端末接続が2ステップで簡単におこなえるなど、「はじめやすさ」「使いやすさ」が魅力のサービスです。

Remote Operator Salesの使い方

Remote Operator Salesを使うにあたってまずは、資料請求や問合せをおこない確認する必要があります。ホームページから「オンライン体験」を申し込むと、使い方や機能について営業担当者と一緒にデモ版を体験することもできます。

Remote Operator Salesの主な機能

Remote Operator Salesでは主に以下の機能が利用できます。

💡
主な機能
  • プレゼンテーション機能
  • 資料共有機能
  • 画面共有機能

Remote Operator Salesの料金

Remote Operator Sales1ライセンスあたりの料金体系です。 プランごとの金額は下表の通りですが、詳しくは同社のホームページでご確認ください。

プラン名
ライセンス数
料金
備考
無料プラン
1人
無料
利用期間14日間
有料プラン
1~5ライセンス
月1万円(税抜)/ライセンス
最低利用期間3ヶ月
6~10ライセンス
月9500円(税抜)/ライセンス
最低利用期間3ヶ月
11~20ライセンス
月9000円(税抜)/ライセンス
最低利用期間3ヶ月
21~49ライセンス
月8500円(税抜)/ライセンス
最低利用期間3ヶ月
50~99ライセンス
月8000円(税抜)/ライセンス
最低利用期間3ヶ月
✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

⑩Surfly(サーフリー)

image

10個目のおすすめオンライン商談ツールは「Surfly(サーフリー)」です。特徴や機能、料金について解説します。

Surfly(サーフリー)の特徴

Surfly(サーフリー)は、特定のWebサイトの画面のみを共有できる画面共有ツールです。ビデオチャット機能も標準搭載されており、必要に応じて相手の顔を見て会話をしながら、同じ画面を閲覧・操作できます。ウェブサービスの操作説明やアフターフォローで活躍するツールですが、オンライン商談においてもインバウンドセールスやアウトバウンドセールスで活用することができます。

Surflyの使い方

Surfly(サーフリー)を導入する際は、まずはホームページから問い合わせる必要があります。 また、ホームページ上で無料トライアル(14日間)も申し込むことができます。

Surfly(サーフリー)の主な機能

Surfly(サーフリー)にはビジネスライセンスエンタープライズライセンスの2つのプランがあり、主に以下の機能が利用できます。

💡
ビジネスライセンス
  • テキスト・ビデオチャット機能
  • 画面共有に参加しているユーザーと画面操作・入力を交替できる
  • 参加者全員が画面にマーカーできる
  • 複数人のセッション参加 など
💡
エンタープライズライセンス
  • ビジネスライセンスのすべての機能
  • Webサイトのテキストボックスなどに入力される情報をオペレーターから見えないようにマスキングできる
  • ログイン情報や入力情報など、お客様の作業を維持したままWeb画面の共有を開始できる
  • セッション中の操作パネル・ウォーターマークの非表示やダッシュボードのデザインのカスタマイズ など

Surfly(サーフリー)の料金

Surfly(サーフリー)にはビジネスライセンスとエンタープライズ ライセンスの2つのプランがあり、ライセンス毎に年間料金が設定されています。登録ユーザー1人につき1ライセンス必要となります。どちらのプランであっても初期導入費用はかかりません。 具体的な金額はホームページで確認できませんので直接問い合わせる必要があります。 参照|Surfly(サーフリー)の料金プラン

✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

参考|無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」

image

パルケミートはログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです。 ぜひ一度体験してみてください。

  • 無料で時間制限がないウェブ会議
  • アカウントもアプリダウンロードも不要
  • 会話の「文字起こし」を会議後に振り返り

参考|とにかく簡単につながる無料ビジネスチャット「パルケトーク」(2022年秋開始予定)

サービス開始の準備ができましたら、ご案内しますので、お気軽にご登録ください。

  • 1タップでチャット招待
  • グループトークもカンタン設定
  • タスク管理もアンケートも
✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

まとめ

今回は、オンライン商談ツールの導入を検討している企業の担当者様向けに、おすすめツール10選をご紹介しました。ぜひ今回の記事を参考に、様々な特徴を持つツールの中から、自社に合ったツールを検討してみてはいかがでしょうか。

🏠  楽しく働くを語るラボ ➡  ツール活用 ➡  【徹底比較】オンライン商談ツールのおすすめ10選!主な機能や料金とは?

icon
Parque(パルケ)

株式会社パルケ公式、「楽しく働くを語るラボ」編集部です。働くすべての方に向けて情報を発信しています。 Twitter,Facebook,noteで記事の更新情報やセミナーの最新情報などを都度発信しています。ぜひフォローしてみてださい。

note

おすすめ記事

記事一覧

© Parque.Inc