ユーザー登録数が無制限!VCRMの特徴・使い方・クチコミ・評判・料金を紹介!

カテゴリ
ツール活用
タグ
オンライン商談
公開日
March 15, 2022
更新日
May 8, 2022
image

オンライン商談ツールはコロナ禍をきっかけとして急速に普及したリモートワークやテレワークに欠かせないサービスとして導入する企業が増えたサービスです。 そのなかでもVCRMユーザー登録数が無制限にできるため、社内の一部のメンバーではなく、多くのメンバーが利用しやすいオンライン商談ツールです。 嬉しいことに10日無料トライアルが用意されていますので、その間はすべての機能がつかえるため、思う存分、試すことができる点も魅力的なサービスです。 そうはいっても、実際に導入するにあたっては、あとで後悔しないよう色々と事前に確認しておきたいものです。

💡
  • オンライン商談ツールを導入したことがないので心配である
  • 実際にどのような機能があるのかよく分かっていない
  • 気がつけばトライアル期間が終わっていたということにならないよう他のメンバーにもしっかり説明しておきたい
  • ユーザーのクチコミ・評判(良いポイントや改善ポイント)も参考にしたい

この記事ではVCRMの機能、ユーザーのクチコミ・評判、料金を幅広くご紹介します。 最後までお読みいただくと、VCRMが自分たちに本当にフィットするのか分かるようになります。

✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

💡 この記事でわかること

1. オンライン商談「VCRM」とは

image

VCRM「誰とでもつながる」をコンセプトとしたオンライン商談ツールです。 オンライン商談ツールの利用は移動時間の短縮、次回持ち帰り提案の最小化、商談数の最大化、営業原価削減などさまざまな効果を生み出します。

1.1 電話商談からスムーズにオンライン商談

電話によるお問い合わせや商談で、口頭で説明してもなかなか伝わらないという経験をしたことはないでしょうか。 そんなとき、VCRMの場合、インターネットにつながるPCやモバイルがあれば資料を見せながら説明するオンライン商談へ移行できます。 お客様はアプリケーションのインストール不要なので、移行はとてもスムーズです。

1.2 資料の事前セットアップで

商談当日に資料の保存場所が分からなくなって、あたふたすることも営業担当であれば経験したことがあるはず。 VCRMであれば、よく使う資料をセットアップしておいて、商談時に1クリックで読み出せば、お客様の画面に表示できます。 営業担当によってプレゼン資料が異なっていた…というトラブルも防止できそうです。

1.3 録画機能で商談をレベルアップ

オンライン商談の内容をPCに保存できるので、自分自身の振り返り、新人教育、社内共有などで活用できそうです。

1.4 ユーザー登録数無制限

VCRMの料金体系はユーザー数ではなく、ルーム数による課金です。 ユーザー登録数は無制限で、ユーザーごとにログ保存もできるので、多くの社員への導入も安心して進められます。

2. VCRMの使い方

2.1 VCRMの導入方法

VCRMを使うにあたってまずは10日無料トライアルを申込むといいでしょう。ホームページにあるフォームに連絡先や会社の情報などを入力して申し込むことができます。 なお、トライアル期間(10日間)には限りがありますので、オンライン商談ツールに「何を求めているのか」「実際に導入した場合にはどのような運用を行うのか」などを意識しながら試すことが大切です。 それに加えて、関係者が十分に検証することができるようトライアル期間を始めるタイミングについては、メンバー全員で予定をしっかり合わせた方がいいでしょう。

2.2 電話で話しながらPC等で画面共有しながらプレゼン

VCRM」とインターネット検索して、ホームページ右上にある「商談をはじめる」ボタンをクリックすると5桁の接続ナンバーが表示されます。 相手が同じ接続ナンバーを入力するとオンライン商談が始まります。

2.3 URLを発行してブラウザ上で商談

営業担当がVCRMの管理画面でURLを発行して、お客様に伝えます。 商談時間になったら、お互いにURLにアクセスするとオンライン商談が始まります。

✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

3. VCRMの主な機能

3.1 主な機能

VCRMは主に以下の機能を利用できます。 

💡
  • 画面共有
  • 資料のカンペ機能
  • 録画・録音
  • 資料ダウンロード
  • ノート機能(営業スタッフ、お客様の双方が書き込める)
  • 非公開商談メモ
  • 複数人コール(最大10人まで)
  • PC音声通話

リモートワークやテレワークを導入する企業が増えていますので、訪問営業の機会が減りつつあると言われています。 こうした状況でもVCRMがあれば営業効率を最大化するTHE MODELの重要な役割であるインサイドセールスなどにチャレンジすることができます。 VCRMを導入する際には営業プロセスの検討してみてはいかがでしょうか。

✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

4. VCRMの料金

VCRMの料金体系は以下の通りで、契約期間は12ヶ月(自動延長)です。 金額は下表の通りですが、くわしくはホームページでご確認ください。

項目
料金
備考
初期費用
9万8000円
追加1ルームあたり5000円
月額費用
月5000円/ルーム
ユーザー登録無制限
✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

5. VCRMのクチコミ・評判

それでは、VCRMのユーザーのクチコミ・評判をご紹介します。 個人的に商品やサービスを購入する際にはさまざまなクチコミサイトで評判を確認することが一般的ですが、オンライン商談ツールを導入する際にも第三者の意見は非常に参考になります。

5.1 VCRMのよいポイントに関するクチコミ・評判

まずはVCRMのよいクチコミ・評判から見てみましょう。

非公開ユーザー、投稿日:2021年07月23日   慣れないうちは、高機能が備わっていても使いこなせないので、ますは、利用しやすい価格設定として選びました。多少不便な部分はありますが、オンライン商談のコツを習得すること、そのためのサポートは良いと思います。 ー 引用元:ITreview
非公開ユーザー、投稿日:2021年06月28日   ブラウザからアクセスできるので、相手側のみならずホスト側もソフトのインストールがいらないのはPCを選ばないので便利。1ルームから契約が可能で1アカウント1ルームではないので、無料発行できるアカウント複数人でルームを共有すれば、一人当たりの単価は下がり、頻繁に使わないユーザーはルームを共有することが出来るので費用面でもお得。 ー 引用元:ITreview
非公開ユーザー、投稿日:2021年03月29日   営業に特化していることもあり、資料のカンペ機能で商談時のトークをトップ営業マンのトークに統一することが可能ですので、営業経験の浅い新人に少しロープレをするだけで、即戦力の営業マンとして顧客にお話できるようになります。 また、契約者側にしか見えない営業メモの機能があるため、ヒアリング項目の徹底ができ、漏れがなくなります。 改めて営業メモも確認もできるため、ヒアリングできなかった項目の洗い出しができますので、教育の工数も削減できるようになりました! ー 引用元:ITreview
非公開ユーザー、投稿日:2021年03月25日   個人顧客向けのセミナー・商談を行う際に利用していますが、顧客と資料を共有して話を進めることができるので、オンラインでも対面のときのようにクロージングすることができます。新型コロナウィルスにより対面での接触が難しくなりましたが、オンラインとはいえ、今までの対面のときに近い感覚で顧客と接することができるので非常に助かっています。 ー 引用元:ITreview
非公開ユーザー、投稿日:2021年03月25日   ・インストール不要なので面倒な設定などなく、使いやすい ・気軽にお客様とオンラインでのやり取りができる ・ご高齢であったり、PCに不慣れなお客様であっても、電話説明のみ接続できているので、お客様にとっても使いやすいのだと感じる ー 引用元:ITreview

5.2 VCRMの改善ポイントに関するクチコミ・評判

一方でVCRMを使っていて「改善してほしい」と感じるのはどのようなポイントなのでしょうか。

非公開ユーザー、投稿日:2021年07月23日   IP制限等のセキュリティ面が強化されると、金融としては一層、利用範囲が広がると思います。また、会議予約機能が強化されたり、予約時間超過時に会議延長がスムーズにできると良いと思います。 ー 引用元:ITreview
非公開ユーザー、投稿日:2021年06月28日   ブラウザからアクセスできるのにスマホの対応がiphoneのみというのは残念。アンドロイドでも普通に接続してほしい。 またieが非対応なのもネック。もうすぐ正規サポートも終わるという事なので、今後影響は少なくなるが、いまはまだ 多数ieを使用している会社はあるのでそこに対応していないのは痛い。 ー 引用元:ITreview
非公開ユーザー、投稿日:2021年03月29日   ・接続が不安定になる時がある ・文字起こしの精度がイマイチのため、メモ程度にしか活用できない ・接続の際、入室を押さないと接続ができないこと ー 引用元:ITreview
非公開ユーザー、投稿日:2021年03月25日   録画・録音機能の充実を求めます。顧客との商談内容やセミナーの録音・録画機能は振り返り時に活用できて便利ですが、都度データの出力が必要な点が使いにくく感じています。 ー 引用元:ITreview
非公開ユーザー、投稿日:2021年03月25日   ・PC、スマートフォンだけでなく、iPadなどのタブレットも推奨端末に追加してほしい。 →タブレットの方がテレワークの際に身軽で楽なので。 ー 引用元:ITreview
✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

6. VCRMの注意点

VCRMは資料の事前セットアップ、録画、非公開商談メモなど営業に役立つ機能が豊富ですが、いくつか注意点もあるようです。

💡
  • 初期費用が9万8000円のため、気軽に始めにくい
  • 契約期間が12ヶ月単位(自動継続)のため、一度始めるとなかなかやめられない
  • 月5000円/ルームのため、同時に多くの商談を行うと固定費が膨らむ可能性がある
  • iPad、Androidに対応していないとのクチコミあり
✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

参考|無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」

image

パルケミートはログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです。 ぜひ一度体験してみてください。

  • 無料で時間制限がないウェブ会議
  • アカウントもアプリダウンロードも不要
  • 会話の「文字起こし」を会議後に振り返り

参考|とにかく簡単につながる無料ビジネスチャット「パルケトーク」(2022年秋開始予定)

サービス開始の準備ができましたら、ご案内しますので、お気軽にご登録ください。

  • 1タップでチャット招待
  • グループトークもカンタン設定
  • タスク管理もアンケートも
✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

7. まとめ

以上、VCRMの主な機能、料金、評判などをご紹介してきました。 VCRMはユーザー登録が無制限にできるオンライン商談ツールで、クライアントがテレワークやリモートワークで対面営業の機会が減っている企業におすすめです。

営業資料のカンペ機能などオンライン商談ならでは機能が搭載されており、魅力的なサービスである一方で、月5000円/ルームという料金体系のため、同時に多数のオンライン商談を行う企業の場合、思ったよりも高額なコストになっていた…という事態も起こり得ます。 そのあたりも踏まえながら、VCRMが自分たちにフィットしたサービスなのか他のメンバーとじっくり議論してみてはいかがでしょうか。

🏠  楽しく働くを語るラボ ➡  ツール活用 ➡  ユーザー登録数が無制限!VCRMの特徴・使い方・クチコミ・評判・料金を紹介!

icon
Parque(パルケ)

株式会社パルケ公式、「楽しく働くを語るラボ」編集部です。働くすべての方に向けて情報を発信しています。 Twitter,Facebook,noteで記事の更新情報やセミナーの最新情報などを都度発信しています。ぜひフォローしてみてださい。

note

おすすめ記事

記事一覧

©️  Parque.Inc