Salesforceユーザーは無料!Chatterの特徴・使い方・クチコミ・評判・料金を紹介!

カテゴリ
ツール活用
タグ
ビジネスチャット
公開日
May 9, 2022
image

ビジネスチャットは、いまやビジネスコミュニケーションの手段として欠かせないサービスです。 そのなかでもChatterSalesforceに付帯したビジネスチャットで、顧客情報や商談に紐付けて社内コラボレーションや情報共有がおこなうことができます。 Salesforceのユーザーであれば追加料金を支払うことなく利用できますが、実際に導入するにあたっては、いろいろと事前に確認しておきたいものです。

💡
  • ビジネスチャットを導入したことがないので心配である
  • 気がつけば高額の支払いにならないよう料金をしっかり確認しておきたい
  • ユーザーのクチコミ・評判(良いポイントや改善ポイント)も参考にしたい

この記事ではChatterの機能、ユーザーのクチコミ・評判、料金を幅広くご紹介します。 最後までお読みいただくと、Chatterが自分たちに本当にフィットするのか分かるようになります。

✏️
参考|事前登録受付中

とにかく簡単につながる無料ビジネスチャット「パルケトーク」(秋頃開始予定) サービス開始の準備ができましたら、ご案内いたします

💡 この記事でわかること

1. ビジネスチャット「Chatter」とは

image

Chatter「時間や場所にとらわれないChatterで働き方改革を」をコンセプトとしたビジネスチャットです。 日本航空、エバラ、陣屋など豊富な導入実績があります。 サービス紹介動画もアップされていますので、ぜひご覧ください。

1.1 Salesforce連携

Chatterというビジネスチャットの一番の強みはSalesforceとの連携であることは間違いないでしょう。 Salesforceに登録された顧客情報や商談に関するメッセージをやりとりできるため、どのような経緯で営業アプローチが決定されたたのか、あとから容易に振り返ることができます。

1.2 いつでも、どこでも共同作業

Chatterはクラウドアプリのため、いつでも、どこでもアクセスすることができます。 AppStoreからモバイルアプリをインストールすれば、外出先や自宅からチャットを始められます。

2. Chatterの使い方

2.1 メンバーを招待する

メンバーの招待方法は次の3つです。 Chatterは営業活動を中心としたビジネスチャットですので、営業に関わるメンバーが多ければ多いほどツール活用の成功確率が高まるでしょう。 管理者向けガイドも用意されていますので参考にしながら、経営層の理解と同僚の協力を仰ぎましょう。

💡
Chatterへの招待方法
  1. ひとりずつ招待する
  2. データローダを活用して、まとめて招待する
  3. 招待が同僚を招待できるよう招待機能を有効化する

2.2 人やデータをフォローする

管理者から招待を受けてログインした場合は同僚やデータ(取引先、商談など)を検索してフォローしましょう。 これらに関して投稿があった際にフィードされますので情報共有が進みます。

2.3 メール通知の管理

メール通知を活用すれば、Salesforceにログインしていなくても新たな投稿などが分かるので、忘れずに設定しておきましょう。

✏️
参考|事前登録受付中

とにかく簡単につながる無料ビジネスチャット「パルケトーク」(秋頃開始予定) サービス開始の準備ができましたら、ご案内いたします

3. Chatterの主な機能

Chatterでは主に以下の機能を利用できます。

💡
  • チャット
  • アンケート
  • グループ機能
  • メール通知
  • モバイル対応

Chatterではウェブ会議機能は提供していないので必要に応じて別途、選定する必要があります。

✏️
参考|事前登録受付中

とにかく簡単につながる無料ビジネスチャット「パルケトーク」(秋頃開始予定) サービス開始の準備ができましたら、ご案内いたします

4. Chatterの料金

Chatterの料金はSalesforceのユーザーであれば追加料金不要です。 Salesforceの料金については直接ホームページでご確認ください。

✏️
参考

無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」 ログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです まずは一度体験してみてください🚀✨

5. Chatterのクチコミ・評判

それでは、Chatterのユーザーのクチコミ・評判をご紹介します。 個人的に商品やサービスを購入する際にはさまざまなクチコミサイトで評判を確認することが一般的ですが、ビジネスチャットを導入する際にも第三者の意見は非常に参考になります。

5.1 Chatterのよいポイントに関するクチコミ・評判

まずはChatterのよいクチコミ・評判から見てみましょう。

非公開ユーザー、投稿日:2022年03月31日   弊社では内部だけのやり取りにおいてchatterを使用しております。本社にきた問合せなどを営業チームへ連絡するときや、ユーザーに関わるやり取りなど内々の会話の際に使っております。便利な点としては、salesforceの顧客情報とつながっているので、そのままタップしてスムーズに確認できるなど同ツール内で完結する点です。 どうしても、別ツールだと再度ログインをする手間などがあるので。 ー 引用元:ITreview
非公開ユーザー、投稿日:2022年02月16日   セールスフォース導入後かなり時間が経ってから運用をはじめました。 良いところは案件を管理をセールスフォースでしているので、案件に紐付いたかたちで会話ができることだと思います。 特に複数人でプロジェクトが進んでいる場合、セールスフォース上で会話できるので良いかと思います。 またその案件に対してのそれぞれのアクションについても時系列で見えているので案件情報の把握にも使えそうです。 ー 引用元:ITreview
非公開ユーザー、投稿日:2022年01月25日   SFと連携しており、自身のSFプロフィールページにて投稿とそのほかの活動履歴とをまとめて見られるため、活動管理がしやすい。 また、投稿内にSF上の取引先や取引先責任者のURLなどをリンクさせることで情報共有がしやすい点が魅力。 ー 引用元:ITreview
非公開ユーザー、投稿日:2022年01月08日   Salesforceで案件管理を行っていますが、社内の方と案件の進行に関するやり取りをChatterで行っています。 案件に関するやりとりの履歴が残ることが良いポイントかと思います。 ー 引用元:ITreview
非公開ユーザー、投稿日:2022年01月06日   弊社ではChatterを外部に公開するような使い方はしていませんが、かなり活用できています。 例えばフェーズ管理やさまざまな通知をApexでChatterに投稿することが可能なので営業部署で日々の確認が漏れなくできるようになります助かっています。新人の日報を投稿するグリープもあったりして社内の交流も深めることができます。 ー 引用元:ITreview

5.2 Chatterの改善ポイントに関するクチコミ・評判

一方でChatterを使っていて「改善してほしい」と感じるのはどのようなポイントなのでしょうか。

非公開ユーザー、投稿日:2022年03月31日   通知機能は改善したほうがよいと思っています。基本的にPCで使用しているのでが通知が来ないので能動的にsalesforceを開いて確認をしに行かないといけません。アプリを入れると解決するとは思うのですができればPCメインで使っているので困っています。 ー 引用元:ITreview
非公開ユーザー、投稿日:2022年02月16日   正直日々のやり取りをチャットなどで行っている企業については 個別に案件チャットを作って話を進める場合もあるとおもうのでそれほど差を感じないかもしれません。 差別化できるとすれば案件に対するコミュニケーション量を可視化できたり、成約との相関関係をデータとして取れたりすると良いと思いました。 ー 引用元:ITreview
非公開ユーザー、投稿日:2022年01月25日   メンションに気づきにくかったり、他者の投稿を探しにくかったりとコミュニケーションツールとしては正直機能的に劣る印象。 また、ファイルをアップロードして管理できるのだが、フォルダ分けができないため任意のファイルを探すのに時間がかかる。 ー 引用元:ITreview
非公開ユーザー、投稿日:2022年01月08日   メンションをする際に@マークを入力した後、候補のリストがなかなか表示されないことがあります。(クルクルなったまま落ちることも) また、複数人にメンションする場合、以前のやり取りからメンション部分をコピペで済ませてしまえると楽ですが、 コピペをするとメンションが消えてしまう(どこか一文字を消して、リストから選択し直す必要あり)のが不便です。 トラブル発生時などよりリアルタイムなコミュニケーションが求められる時は別チャットツールを使うことが多く、それらの履歴もインポートなどして残しておけると便利です。 ファイル共有をしたい際に1ファイルずつのみしかアップロードできない点 ー 引用元:ITreview
非公開ユーザー、投稿日:2022年01月06日   細かい点ではいくつかありますが、一番改善して欲しい部分は検索の仕組みです。 一時期knowledgeの蓄積にChatterを使おうとしていましたが、検索のクセが強く任意の投稿を探し出すことが困難でした。 問い合わせたところChatterは独自に文章などを単語で区切っていたり、独自の検索の仕組みを使っていることが理由だそうです。今後もっと検索が使いやすくなればいいなと思います。 ー 引用元:ITreview
✏️
参考|事前登録受付中

とにかく簡単につながる無料ビジネスチャット「パルケトーク」(秋頃開始予定) サービス開始の準備ができましたら、ご案内いたします

6. Chatterの注意点

これまで見てきたとおり、ChatterはSalesforceに付帯したビジネスチャットです。 Chatterを利用するうえでの注意点を挙げるなら次の4点になりそうです。

💡
  • 顧客や商談などセールスのためのアプリなので、活用するシーンが限定的 (わざわざChatterを利用する必要性を感じにくい)
  • 他のビジネスチャットと比べて通知に気づきにくい
  • 検索性があまりよくない
  • ビデオ通話ができない
✏️
参考|事前登録受付中

とにかく簡単につながる無料ビジネスチャット「パルケトーク」(秋頃開始予定) サービス開始の準備ができましたら、ご案内いたします

参考|無料でずっと話せるミーティングアプリ「パルケミート」

image

パルケミートはログイン不要ですぐに始められるシンプルなウェブ会議ツールです。 ぜひ一度体験してみてください。

  • 無料で時間制限がないウェブ会議
  • アカウントもアプリダウンロードも不要
  • 会話の「文字起こし」を会議後に振り返り

参考|とにかく簡単につながる無料ビジネスチャット「パルケトーク」(2022年秋開始予定)

サービス開始の準備ができましたら、ご案内しますので、お気軽にご登録ください。

  • 1タップでチャット招待
  • グループトークもカンタン設定
  • タスク管理もアンケートも
✏️
参考|事前登録受付中

とにかく簡単につながる無料ビジネスチャット「パルケトーク」(秋頃開始予定) サービス開始の準備ができましたら、ご案内いたします

7. まとめ

以上、Chatterの主な機能、料金、評判などをご紹介してきました。 ChatterはSalesforceというエンタープライズ企業中心に導入が進んでいるサービスを前提として設計されているため、Salesforceを導入している一定規模以上のセールス組織におけるモバイルを活用したメッセージのやりとりにおすすめです。

とはいえ、SalesforceとSlackが資本提携をおこなったことからもわかるように、運営会社自身もChatterは汎用的なビジネスチャットと比べると使い勝手が限定的と考えているという印象があります。 そのあたりも踏まえながら、Chatterが自分たちにフィットしたサービスなのか他のメンバーとじっくり議論してみてはいかがでしょうか。

🏠  楽しく働くを語るラボ ➡  ツール活用 ➡  Salesforceユーザーは無料!Chatterの特徴・使い方・クチコミ・評判・料金を紹介!

icon
Parque(パルケ)

株式会社パルケ公式、「楽しく働くを語るラボ」編集部です。働くすべての方に向けて情報を発信しています。 Twitter,Facebook,noteで記事の更新情報やセミナーの最新情報などを都度発信しています。ぜひフォローしてみてださい。

note

おすすめ記事

記事一覧

©️  Parque.Inc